外貨預金とFX

外国通貨の運用を行う投資としては色々な選択肢があります。
ですが、そのなかで最もメジャーなものといえば、やはり「外貨預金」でしょう。

通常「預金」というと、母国通貨である「円」でお金を預けるわけですが、それを米ドルやユーロといった外貨に換えて預けるのが外貨預金。
この外貨預金には「分散投資として」また「金利差を稼ぐため」、多くの人が取り組んでいます。

とりわけ日本は“超”がつく低金利状態が続いていたため(低金利通貨「円」で海外の高金利通貨を買って保有すれば、金利の差額だけでかなりまとまった金額を稼ぐことができていたことから)、外貨預金という投資法は日本において高い人気を保ち続けてきました。


ところが今、その状況は変わりつつあります。

というのも…いまや低金利は世界に波及し、世界的な“低金利状態”に!
米ドルをはじめとする海外主要通貨の金利も一様に下落しているため、以前に比べ「円」との金利差がなくなってきてしまったのです。もちろん、オーストラリアドルや南アフリカランドなど、金利差益が狙える通貨は今もあるにはありますが、やはり金利差益を狙って外貨預金を行うことのメリットはひと昔前より減っていると言えるでしょう。

まして外貨預金をするうえでは、「高い手数料」を払わなければなりません!
外貨預金では「円を外貨に換える・外貨を円に換える」際に手数料がかかるのですが、これが馬鹿にできない額であり、先述の通り円と外貨の間の金利差が減りつつある昨今においては、場合により、金利差によって得られた利益を手数料が上回ってしまうことさえあるのです。

こうした背景をうけ…
このところ脚光を集めているのがこちらの投資方法!
外貨預金同様に、外貨での資産運用ができる「FX」です。

もし「外貨での資産運用に興味はあるけれど、外貨預金の旨みがなくなってきたし…」とお悩みでしたら、この機会にぜひFXを始めてみてはいかがでしょうか?

ただ、どうも日本には、外貨預金を低リスクとする一方、FXを高リスクとみる傾向が強く存在します。そのため皆さんの中にも「FXって、外貨預金に比べてずっと危険でしょ?」と思われている方があるかもしれませんね。

確かに…ハイレバレッジでのFX取引などは非常にリスクが高いといえます。
ですが「FX=キケン」という考え方は、必ずしも正しいとは言えません。
FXは、むしろ外貨預金に比べてもメリットの多い投資法なのです。

そもそも安全と言われる外貨預金にだってリスクがあります!
為替の変動リスク(資産の目減りリスク)があるうえ、高い手数料の問題もあり、決して安定的に利益が出せるとは限らず、利益をだせないどころが大損をすることさえあるのです。

つまり「FX」も「外貨預金」も、どちらも投資である以上“リスクがあるもの”。
「FXは危険だけど外貨預金なら安心」ということでは決してないのです!
しかも上記の通りFXには外貨預金と比べても多くの利点があります。

ですから、ぜひ一度、FXを検討してみてはいかがでしょうか。


さて、FXと外貨預金を比べた際に最も違うのは「手数料の値段」!
さきほど、「銀行の為替手数料は高くつくから大変だ」と説明したとおり、外貨預金ではこの高い手数料がネックになります。
一方、FXはというとこの手数料が格段に安いのが特徴!
そのぶん、為替相場の僅かな動きを利益に結びつけることができるのです。

またFXがハイリスクだとされるのには、レバレッジ取引による危険性が大きく影響していますが、FXの取引リスクは手法次第で低減可能。レバレッジを抑え、少額投資を心がけていれば、リスクの程度を外貨預金とかわらないレベルに抑えることだって十分できます。そのうえ、FXなら手数料が安く、より臨機応変な取引ができるのです(外貨を買う一方通行の取引しかできない外貨預金に対してFXでは売り・買い両方の取引ができるうえ、為替差益・金利差益の両方を狙うことも可能)。

世界的な低金利傾向がまだまだ続きそうな今、外貨での資産運用をするなら取引手数料が安い「FX」を検討すべき! 一見するとハイリスクに見えるFXではありますが、方法次第ではリスクを抑え安定した運用をすることも十分可能ですから、試してみてみませんか?

外貨預金の選択肢は外貨預金ひとつではありません。
「FX」という選択肢もあるということ、一度考えてみてください!