Pepperstoneの海外FXとは

その特徴として最小スプレッドがなんと0.1pip~というまさにダントツの低さを実現しています。この事実は、Pepperstoneと銀行大手22行との間の電子証券取引ネットワークでリンクされているからにほかなりません。そのため他のFXブローカーでは実現できないこのスプレッドで運営することが可能なのです。

giyreer ほとんどの海外ブローカーは提携先の銀行は5~6行程度であり、さらにその中から条件を絞込み顧客にサービスを提供していますので、スプレッド条件はその自由度が低く、選択の幅が狭くなっていますが、XEマーケットはその点提携銀行が多いためにそれぞれの通貨に強い銀行を選ぶことによって非常に有利に取引することができるというわけです。

時間帯やクロス通貨といったいろいろな条件に対しても利用者が有利になる条件でのスプレッドを提供することができます。

スプレッドに関してはスタンダードアカウントとRAZORアカウントで違ってきます、スタンダードアカウントはRAZORアカウントに比べて若干スプレッド幅が広く、その代わりに取引手数料がかからないようになっています、逆にRAZORアカウントはスプレッド幅が狭い代わりに1取引単位で手数料がかかるような仕組みになっています。

Web Relate: ディール.com

スプレッド幅が狭いことは取引する上で非常に有利に作用しますが、取引手数料がかかるということは、短期的なトレードを行うタイプの投資家には向きません。

自分のトレードタイプを見極めて、短期トレードならスタンダード口座、そして長期的にトレードするタイプであればRAZOR口座といったように使い分けるといいでしょう。

EDGE口座というものも用意されていますので、スプレッド幅をさらに狭めたいというトレーダーはそちらを検討するのもいいかと思います。

Pepperstoneの問題点としては、まだ若い会社であるという点があります、そのため、増大する顧客に対してシステムが追いついていないという面が否めません、もちろんこういった点はこれから徐々に改善していくはずです、長い目で見ていく必要があります。

いずれにしてもサポート体制やスプレッドの低さといった取引に重要な部分は、ランキングをしてみても、全て他のFXブローカーの追随を許さないPepperstoneです、初めてFX取引を考えている方であればおすすめできる海外ブローカと言えます。