FXでの「取引通貨単位」について

FXでは2つの異なる通貨を一組のペアとし、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、そのお互いを売買しあって為替損益を求めていくことになります。
その通貨のペアも様々な国や地域の通貨を用いていており、通貨そのものを売買しあっていくために、FXではそれぞれの価値の違う通貨に対しての数量単位の呼び方として、「通貨単位」という呼称を用いています。
例えば日本の円での1万円は、一万通貨単位の円という事になります。

FXの取引には、取引通貨単位というものが設定されており、多くの場合、1万通貨単位からの取引きが一般的でした。
これは、例えばここに1ドル100円という相場があるとすれば、このドルを買うためには1万ドルからしか買いはじめることができず、これにより用意する資金は100万円が必要になるという事になってしまうのです

もちろん、このままではなかなか取引きが行えないため、取引業者に預けている証拠金を元に資金を借りられるレバレッジつかうことになります。

このレバレッジを、国内規定最大の25倍で用いれば、1万ドルを4万円で取り扱うことができるようになるのですが、やはりそれなりに大きな資金がかかることと、レバレッジ利益も損失も大きくしてしまうレバレッジのデメリットも相まって、なかなか取引きが行えない投資家も多かったのです。

こうした事を考慮してか、国内の取引業者に最低取引通貨単位を引き下げる動きがではじめ、現在では1000通貨単位の取引きも可能になり、なかには1通貨単位での取引きができる業者も現れています。


この通貨単位の引き下げは、多くの効果をもたらしています。
例えば分かりやすいところで言えば、初期にかかる投資金が10分の1になったことで、資金を10倍に使えるようになりました。
これにより、資金の都合がなかなかつかない初心者の投資家にも、多くの取引きのチャンスが巡るようになりました。
また、資金を様々な通貨ペア、銘柄に振り分けることにより分散投資による戦略的な投資やリスクマネジメントなども可能になったのです。

まずはFXに慣れてみたいという投資家にとっては、実に始めやすい状況になりましたので、この機会にぜひ実際のFXに触れてみて、慣れてきたら投資金額を増やすことで大きな利益を掴んでみてはいかがでしょうか。