XEマーケットはスプレッドの面で有利

他のFX業者同様、XEマーケットでの取引の際はスプレッドというものが必ずかかります。XEマーケットの人気の理由は、このスプレッドの低さが挙げられます。

hiuyrere スプレッドとか会社の手数料のことですので、スプレッドの幅が低いほど、手数料が安くなるということになります。XEマーケットではこのスプレッドが、米ドル/日本円の通貨ペアの場合は、1,000ドルで1円ですのでスプレッド幅でいうと0.001pipsとなります。香港ドル/日本円では0.00001pipsほどとなります。XEマーケットで用意されている53種類全ての通貨ペアにおいて、このスプレッドの狭さは共通で、XEマーケットは他の業者と比較してより有利な取引ができる、というのはこの手数料の安さにもあるのですね。手数料の安さは、短期的な取引を主流とするトレーダーの方にも魅力ですし、豊富な銘柄の中からどれをとってもスプレッドが狭いということは、よりマイナー銘柄で取引をしたいベテラントレーダーの方にとっても非常に魅力的ということになります。

なお、このスプレッドについて開設した口座アカウントタイプによって異なることがありますので、口座開設時にはこの点についても気を付けておいた方がよいですね。

・スプレッドの小数点以下の桁

スプレッドの幅といのは銘柄によって異なりますが、これが小数点以下5桁の場合と4桁の場合にどれくらいの違いがあるのかをご存じでしょうか?

XEマーケットのスプレッドの例を挙げると、米ドル/日本円の通貨ペアではスプレッドは0.001pipsで小数点4桁、香港ドルの場合は0.00001pipsと小数点5桁と、スプレッドはより広くなります。小数点以下のこの桁数の違いでどのくらいの違いが生まれるのでしょうか?

このスプレッドの幅の違いというのは、市場価格が変動したときにスプレッド幅が小さければ小さいほど、利益が出るということを意味します。

そもそも一般的には、取引価格が小さければ小さいほど取引時にチャンスがある、という意味になります。これを念頭に置くと、スプレッドの狭さというのは直接利益につながってくるというのがお分かりになりますでしょうか。この業者はサポートシステムも充実しているのでFX初めてにもお勧めできる取引環境だと思います。

たとえば、スプレッド幅が小数点4桁の米ドル/日本円の通貨ペアでは、取引のチャンスが0.0001~0.0010の間の10ポイント分に限られます。一方小数点5桁の香港ドルの場合は、値変動の幅が0.0001~0.00100の100ポイント分となりますので、その分大きな利益の出るチャンスが大きいという訳なのです。もちろんスプレッドが広いほどリスクも大きくなりますが、大きな取引が期待するのであれば、このスプレッド幅について注目しておくとよいかもしれません。